Petal Light / 花びらの照明

お部屋を彩る紙の照明。これは日本に昔からあるでんぐり紙という素材を使った照明です。でんぐり紙は薄い紙を何層にも重ねて、ハニカム状の構造となるように貼り合わせることで、広げたり薄く折りたたむことができる素材です。紙なのでとても軽く、はさみで切り抜くことで様々な表情になります。昔は七夕飾りや夏祭りの出店に並ぶ紙玩具に使用されていた懐かしい素材ですが、年々需要が減っているそうで、いまでは日本で生産しているのは1社しかないそうです。そんな絶滅の危機にある素材を使って何か新しいものをつくることができないかと考え、でんぐり紙をランプシェードにした照明をデザインしました。

お部屋に合わせて絵具などで好みに合わせて着色したり、その日の気分に合わせて取り換えたりと、オーナメント感覚で楽しめる照明です。でんぐり紙を閉じた状態で着色してやれば、開いたときに色や模様がグラデーション状に広がります。色を塗って開いてみたら、思いもよらない模様になっているかもしれません。またとても軽い素材であることに加えて、最小限の構造で作られているため着脱も簡単にできます。模様替えやちょっとしたパーティーの際に、ほんの少しお部屋をデコレーションしてはいかがでしょう?もちろん、LED電球を使っているので発熱も少なく安心です。

サイズ:W300×D300×H100
素材: でんぐり紙、ワイヤー、LED電球

Direction : Mitsuyoshi Kikuchi , Design : Yuka Masuda / Photo by Mitsuyoshi Kikuchi

作品一覧に戻る