WALL PLANTER / 野菜を育てるインテリア

家庭用の壁掛けタイプの水耕栽培機の製品デザインとブランディング。水耕栽培機器とは、家庭内に手軽に設置でき、培養液とLED照明によって簡単な世話をするだけで野菜やハーブを育てることができるキットです。土を使わないので虫が発生しにくく、また無農薬で作れるというのが魅力で、近年徐々に人気が高まっているそうです。この製品はそんな水耕栽培機器を、女性向けにデザインして欲しいとの依頼を受けたのがきっかけで生まれました。最終的に製品本体のデザインのほか、ブランドのロゴやカタログ、ウェブサイトのデザイン、そして展示会のブースデザインを担当しました。

プロジェクトを担当するにあたりまず始めに手掛けたのは、水耕栽培機器についてのスタディ、そしてターゲットである女性の家庭環境や住居状況のリサーチでした。手軽に家庭菜園が楽しめると話題の水耕栽培機器ですが、その多くは内部のLED機器の関係上どうしてもサイズが大きくなってしまい、家の中に置くにはちょっと勇気がいります。ちょっとした段ボールくらいの大きさのものが、棚やテーブルの上にずっと置いてある状況を想像してもらえるとわかりやすいと思います。そんなサイズのものをドンと置いておける広さの家にお住まいの方は、日本にひと握りではないでしょうか。特に室内のインテリアにこだわる方が多い女性が、そんな大きなものをお部屋にずっと置いているのを想像するのはちょっと難しいような気がしました。

そこで私たちがコンセプトとして立てたのが、省スペースであること、そしてインテリアとして飾れることです。そうしたコンセプトから生まれたアイディアが、壁に掛けることでした。比較的サイズが大きくなってしまう水耕栽培機器も、壁に掛けることでお部屋のスペースをとるのを抑えることができます。また壁に掛けることを通じて、額縁のように野菜を飾る楽しみが生まれました。お部屋のよく目にする場所で、可愛らしい新芽が育ってゆくのが見えたらなんだか嬉しくなりそうですよね。水耕栽培機器に壁掛けという新たな要素を加えることで、とっても楽しい野菜を育てるインテリアとなりました。

サイズ:W300×D126×H258
素材: プラスチック、アクリル、フィルム、LED照明

Direction : Mitsuyoshi Kikuchi , Design : Yuka Masuda / Photo by Mitsuyoshi Kikuchi

作品一覧に戻る